スボラママでも続けられる

乳腺炎の対処法ならコレッ!

乳首に白いできものが!それ、乳腺炎の症状の一つ「白斑」です!

      2016/08/29

 - 乳腺炎の症状 , ,

白斑に悩むママさんのためのオススメ記事を書きました♪
授乳ケアの専門家と共同開発「AMOMAミルクスルーブレンド」で乳腺炎予防!

乳首に白いできものが出来ると驚きますよね、しかもそれ、かなり痛いです。
吸われる度に激痛が走る乳首の白いできもの「白斑」。
実はこれって乳腺炎の症状の一つだってご存知でしたか?
白斑は乳腺炎の初期症状です。早めに対処することで、自力で治すことも出来ますよ。
白斑ができた場合の対策をご紹介します。


乳首に白いできものが!「白斑」とは?

悩む女性(背景青)02

乳腺炎の症状の一つである白斑。
乳首の先に、にきびのような白いできものが出来るのが特徴です。そして、白斑の厄介なところが「痛み」です。

白斑が出来ると授乳の度に痛いのなんの。触れただけでも痛いのだから、吸われると激痛です。また、搾乳してみてその白斑が出来ている乳口から母乳が出ているかも確認してみて下さい。
少なくてもその乳口から母乳が出ているようであれば、完全に詰まってはいないので一安心。

もし、全く母乳が出ていないようであれば、
母乳外来に行っておっぱいマッサージを受けることをおすすめします。
白斑は一目見たらすぐに分かる症状が特徴です。気づいたら悪化させないように対策を取りましょう。
また、普段から乳腺炎に効くお茶を飲むことで、白斑を予防することが可能です。

長年「乳腺炎に効くお茶」として多くのママさんに飲まれいているのが
AMOMAさんのハーブティー「ミルクスルーブレンド」です。
どんな味かよくわからないからな〜というのが悩みどこなのですが、そんな人のために特別にキャンペーンを用意頂いてます。
ご興味あれば見てみるのいいかもです。スッキリとしたハーブが印象的で、レモンなんかを入れればすごい飲みやすいですよ。

気になる白斑。でも絶対に自分で潰さないで!

頭をかかえる赤ちゃん

白斑が出来るととにかく痛い。
でも、少しでも早く治したいからといって、自分で荒治療はしないこと。

白斑を針や爪で潰そうとすることだけはやめてください。
針を火で炙ってそれでつついて詰まりを解消する、というやり方を取る方もいるようですが、自分でやるのだけはやめましょう。
万が一バイ菌が入ってしまったら大変です。

また、何をやっても白斑ができている乳口の詰まりが取れない場合、
病院でも針を刺して開通させることもありますが、これはその場しのぎでしかありません。
この1回で治る方も中にはいますが、大半の方が繰り返してしまいます。針を刺しても、溜まった母乳を出したわけではありません。

根本的な原因を取り除いてあげない限り、白斑は何度でも繰り返すのです。

白斑を悪化させないためには?赤ちゃんに助けてもらおう!

白斑は乳首に母乳が溜まっているために起こります。
これを解消するために、とっても頼りになるのが赤ちゃん。
赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうのが何よりの対策・治療になりますよ。

ただ、トラブルを起こしている母乳は赤ちゃんにとっても美味しくありません。
気にせず飲んでくれる赤ちゃんもいますが、嫌がる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが飲んでくれない、そんな時はマッサージ!

赤ちゃんが飲んでくれない場合は、左右縦横と乳首をマッサージして乳首を柔らかくしてみて下さい。
温かい飲み物や入浴をして体を温めながらマッサージすると、より効果的ですよ。

そして、白斑が出来ている乳口から母乳を出すように搾乳します。

一回やれば治る、というものではないので、これを繰り返して徐々に白斑を解消していくので、頻回授乳やマッサージ<と搾乳を意識して行う、食生活を和食中心に見直す、疲労やストレスを溜めないよう休息や気分転換を上手く取る、などが白斑を悪化させないためにも必要になってきます。

それ以外に効果的なのが普段から簡単にできる「お茶を飲む」ということです。
下にリンクを書いておくのでよかったら見てください。

白斑に悩むママさんのためのオススメ記事を書きました♪
授乳ケアの専門家と共同開発「AMOMAミルクスルーブレンド」で乳腺炎予防!

  関連記事

しこりを発見!!乳腺炎と乳がんのしこりの違い、見分け方とは?

乳腺炎の症状の一つに、おっぱいにしこりが出来ることがあります。 わたしはよく左胸 …

乳腺炎を放っておくと怖い!手術しなくてはいけない乳腺炎の症状は?

乳腺炎をたかがおっぱいの炎症だと舐めていませんか?赤ちゃんに飲んでもらえば治る、 …

授乳していなくてもなるかも!乳腺炎の一つ、慢性乳腺炎って知ってる?

痛くて辛い乳腺炎。休みたくても休めないですし「パパにこの痛みは分からない…。」と …

痛すぎる乳腺膿瘍の予防法はコレッ!

こんにちは、ズボラママです。 乳腺膿瘍(にゅうせんのうよう)ってご存知ですか? …

早めの対処が鍵!!乳管閉塞は自分で治せるのです!

乳管閉塞とは、乳柱で乳管が閉塞され母乳が詰まり、しこりが出来ることを言います。 …